暮らすように旅する自炊旅の食卓

JOURNEY COOKING

修道院内部も必見 フランスの世界遺産 モンサンミッシェル 日帰りツアー / Mont Saint-Michel

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

シャトルバス発着場の横にかかる橋から撮影した、靄がかって幻想的な1枚

16年ぶりに渡仏することになり、真っ先に計画に入れたのが、長年ずっと行きたかったモンサンミッシェル。滞在していたパリから個人で行こうとすると結構大変なので、1日で完結できる現地の日帰りツアーに参加しました。

現地ツアーは、交通の便が悪い場所や、1度(1日)に何ヶ所ものエリアを回りたい時、また、入場するために長時間並ぶ必要がある場合に予約入場できるなど、効率良く周れるので、少し割高になりますが、ちょくちょく利用しています。
私がよく利用するのは、VELTRAというサイトなのですが、現地ツアーの行き先や人気ランキングを見ていると、その都市の見どころがよくわかるので、ツアーを利用しなくても、現地行動プランを練る際の参考にもなります。

 

モンサンミッシェル 日帰りツアー

この時利用したツアーは、モンサンミッシェルへ行く途中に、ノルマンディーの田舎の村、ブブロン村に寄る旅程でした。

朝早く、確かオペラ座で集合だったのですが、たくさんの参加者でバスもほぼ満席だった記憶です。やはり人気なんでしょうね。

 

ブブロン村

「フランスで最も美しい村」協会認定のブブロン村は、西洋童話の絵本に出てきそうな木組みの家並みが愛らしい村でした。

ただ、到着が午前の割と早い時間だったので、営業しているお店がまばらだったのが少し残念。滞在時間も30分程と短かったのですが、逆に、村の雰囲気を写真に撮るくらいならちょうどいい時間かなと思います。フォトジェニックな場所がたくさんあり、村散策を楽しめました。

 

モンサンミッシェル名物 スフレオムレツ

ブブロン村を出発し、バスが憧れのモンサンミッシェルに近づいてきました。

皆が一斉にカメラで撮影を始めます。笑 この写真を見るとわかりますが、進行方向の右手に修道院が現れるので、バスの右側に座ると写真が撮りやすいですね。私たちは残念ながら左側の席に座っていたので、このような写真なのですが・・・あ、でも、帰路はバッチリ写真が撮れますよ。

帰りのバスの車窓から

参加したツアーはランチ付きで、島内の名店ラ・メール・プラールのものではなかったのですが、モンサンミッシェル名物のオムレツが食べれるプランでした。修道院につながる橋の手前でバスを降り、まずはレストランで食事をとりました。

左:スフレオムレツは切り分けてサーブされました。右下:食事をしたLa Rotisserie

コース料理の1品に名物のスフレオムレツが出てきました。全卵をたっぷり使った通常のオムレツとは違い、泡だてた卵白がメインの軽い味わい。ふわふわであっという間に口の中で溶けて無くなってしまったため、正直、よく味わって食べれなかったというのが一番の印象なんですが・・・美味しく頂いたのは事実です。
食後は、いよいよモンサンミッシェルの島内へ。と、その前に。

 

堤防工事中のモンサンミッシェル 

私たちが訪れた当時2013年は、新たな橋桁工事の真っ最中でした。はるばるやって来たのに、工事の鉄骨感満載でなんだか写真映えしなくて、ちょっとがっかりしたのですが、工事が完成した今になってみると、もうこのような写真も撮れないのだから、それはそれで良い機会だったのかも?と思うようにしています。

ある意味貴重?鉄骨上のモンサンミッシェル

 

圧倒的な存在感 モンサンミッシェル 

現在、自家用車などの駐車場からモンサンミッシェルの島手前まで運行しているシャトルバスは、この当時も既に運行されていました。私たちもランチを頂いたレストランから、このシャトルバスに乗って島へ向かいました。

写真や映像では、何度も見ていたモンサンミッシェルの修道院ですが、実際、目の当たりにするとものすごい迫力で圧倒されます。

2013年当時、新たな脚付き橋工事、真っ最中の様子

島の入り口をくぐると、参道には土産物屋やレストランなどがずらっと軒を並べていて、賑わっていましたが、私たちはガイドさんに付いて修道院内へ向かいます。

途中、修道院への抜け道なのか?ものすごく細いところを通って、修道院に辿り着きました。

 

モンサンミッシェル修道院内部

修道院内は広くて見所もたくさんあり、じっくり見るとかなり時間がかかりそうですが、ツアーなので時間が限られていることもあり、時計を気にしながら、さくさくっと回りました。

見晴らしの良い西のテラス

荘厳な雰囲気の付属教会

修道院内の回廊と中庭

食堂

干潟が見渡せます

一通り観光し、土産物屋をちょっと覗いて、集合時間となりました。またバスに乗り、パリに戻ったのは21時頃。バスの乗車時間は長いですが、眠っていられるので苦にならず、充実した1日になりました。

初めて訪れたモンサンミッシェルは、多くの観光客で賑わう典型的な観光地ではあるのですが、一方で、神聖で神秘的な様相に包まれ、フランスの長い歴史をしみじみと感じることのできる、唯一無二なところでした。長年、行ってみたいと思っていたので、念願叶い、感慨深かったです。

モンサンミッシェルを訪れたパリ旅行記はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© JOURNEY COOKING , 2019 All Rights Reserved.